PMSの症状を根本から治す市販薬…命の母、チョコラBB、プレフェミン

 

PMSの症状を根本から治す市販薬…命の母、チョコラBB、プレフェミン

 

鎮痛剤などでの対症療法では一時的に痛みがなくなったに過ぎません。

 

PMSを根本的に治すためには不足しているものを補ったり、症状の元を改善していかなければなりません。市販の薬でも、PMSを改善する効果のあるものがあります。

 

命の母(ホワイト)

命の母、と聞くと更年期の方が飲むようなお薬なのでは?と思う人もいるかと思います。確かに「命の母A」は更年期のための薬ですが、「命の母ホワイト」という商品もあって、こちらはホルモンバランスの乱れから来る症状に効くものです。

 

生理不順や生理痛、倦怠感、イライラなど、生理前から生理中の症状に効果があります。三大婦人用漢方薬と言われる「桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)」「加味逍遥散(かみしょうようさん)」「当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」の成分がバランスよく配合されています。

チョコラBB

チョコラBBって言えば、肌荒れしやすい時に飲むやつなんじゃないの?と思っている人は多いと思います。実は、チョコラBBに配合されているビタミンB6がPMSの症状を改善する効果があるんです。

 

というのもPMS中はホルモンの影響でたんぱく質の代謝が促進され、ビタミンB6が不足してしまいます。ビタミンB6が不足してしまうことによって、セロトニンやノルアドレナリンなどの神経伝達物質の生成が上手く行かなくなり、イライラしてしまったり、鬱っぽくなってしまいます。肌荒れだけでなく、メンタルの状態も良くしてくれるので、積極的に摂るようにしましょう。

 

プレフェミン

ズバリ、このプレフェミンは「PMSのための」薬なんです。頭痛、乳房のはり、イライラ、抑うつ気分、倦怠感、腹部膨張感など、PMSの様々な症状に効果があります。臨床試験でも高い効果が表れています。市販薬ではこのプレフェミンはPMSの唯一の治療薬です。

 

 

プレフェミンには「チェストベリー」というハーブのエキスが含有されています。チェストベリーとはチェストツリーの果実のことで、古くから婦人科疾患の治療に伝統的に使われてきました。薬局で、薬剤師の方から詳しい説明を聞いてから購入しましょう。

 

 

PMSの症状を根本から治す市販薬…命の母、チョコラBB、プレフェミン


PMSの症状を根本から治す市販薬…命の母、チョコラBB、プレフェミン