生理の時に辛いことの一つが痛みですよね。

 

生理痛はなぜ起こる?原因と対策

 

個人差はあって、あまり痛みを感じないという人から、あまりに痛すぎて立ち歩くことも出来ず、生理の時に寝込んでしまうなんていう人までいて本当に様々です。

 

生理痛は生理の時に起こるもので仕方のないものですが、何故起こってしまうのかという理由は知っておいたほうが良いかもしれません。それを知ることによってどうすれば生理痛を抑えることが出来るかの対策も理解しやすいと思います。

生理痛が起こるメカニズム

生理痛の原因として、一つ目は子宮口が狭く硬いということがあります。特に若い女性や出産経験の無い方は血液をスムーズに出すことが出来ず、痛みを感じてしまいます。このような方は年齢に伴って痛みが軽くなっていくようです。

 

もう一つ、プロスタグランジンE2が過剰に分泌されることで起こります。妊娠しなかった場合、不要になった子宮内膜を排出します。剥がれる時に出血するわけですが、それをスムーズに行うためには子宮を収縮する働きのあるプロスタグランジンE2が必要です。

 

ただし、このプロスタグランジンE2が多く分泌されてしまうと子宮が収縮し過ぎてしまって、それが生理痛として表れます。また、プロスタグランジンE2には痛みを強める作用があるので厄介なのです。

プロスタグランジンE2の過剰分泌を抑えるには?

プロスタグランジンE2の過剰分泌は血流が滞っていることで起こります。経血が上手く排出するためには血流がスムーズでなければいけません。上手く排出されないと更に子宮を収縮しようとしてしまい、プロスタグランジンE2が更に分泌されてしまいます。

 

つまり血流を良くすれば過剰に分泌されることを防げるという訳です。血流を良くするためには身体を温めるということが大切です。特に下半身は冷えやすいので、足湯などをして、意識的に温めるようにしましょう。また、運動も血流を良くするために有効です。

プロスタグランジンE2を抑える食事

プロスタグランジンE2はリノール酸などのオメガ6系の油や肉類や乳製品の脂肪に多く含まれる飽和脂肪酸から作られます。出来る限り、これらの摂取を抑えるような食事をするようにしましょう。そして、プロスタグランジンでも炎症を抑える効果のあるE1とE3を増やすことが大切です。

 

まず、E1を増やすためにはビタミン(特にB群)をしっかり摂り、トランス脂肪酸を出来る限り摂取しないようにしてγリノレン酸への代謝の阻害因子を取り除く食事をしましょう。また、γリノレン酸を月見草などのサプリメントから積極に補うことも良いです。

 

そしてE3を増やすためにはオメガ3系の油を摂取するようにしましょう。αリノレン酸やDHA、EPAなどです。ただし、αリノレン酸は熱に弱いのでドレッシングなどで摂取するように、また酸化しやすいので早めに使い切るなど、取り扱いには気をつけてください。

生理痛があまりに酷い時は…何かの病気かも?早めに病院へ

生理痛が酷いけれど、仕方のない事だから我慢我慢…と思っている人も多いと思います。しかし、実は病気の可能性もあるかもしれません。

 

考えられるものとしては子宮内膜症、子宮筋腫、子宮腺筋症などがあります。このような症状がある場合は症状が悪化する前に、早めに婦人科にご相談下さい。

 

 

生理痛はなぜ起こる?原因と対策


生理痛はなぜ起こる?原因と対策