おりものの異常・不正出血があると危険?考えられる疾患は?

たまに、おりものに血液が混じっていて、生理が始まったのかな?と思いきやすぐに出なくなってしまう…なんてことはありませんか?いきなりドバっと出てしまうなんて人もいると思います。そのような出血を「不正出血」と言います。

 

排卵期に卵胞ホルモンの分泌が一時的に低下するために起こる「中間期出血(生理と生理の間に出血すること)」や、妊娠の初期に少量出血する場合に関しては問題ありません。そして不正出血には「器質性出血」と「機能性出血」があります。それぞれどのようなものか、説明していきます。

器質性出血について…良性と悪性のものがある?

物理的な病変があるために起こる器質性出血には良性のものと悪性のものがあります。良性のものには子宮筋腫、子宮内膜症、子宮膣部びらん、子宮頸管ポリープ、子宮内膜ポリープなどがあります。これらの場合、基本的に治療をすれば完治します。

 

悪性のものには子宮がん(子宮頸がん・子宮体がん)、卵管がん、膣がん、外陰がん、子宮肉腫などがあります。がんともなると、早めに治療しなければ死に至ることもあります。不正出血が続いたり、月経異常がある場合は早めに受診したほうが良いでしょう。

 

 

機能性出血について…ホルモンの異常によって起こる出血

機能性出血とは、器質的に異常が無いにも関わらず子宮から不正出血が起こる状態のことを言います。ホルモンバランスの乱れによって起こるもので、卵巣機能と関係があります。

 

卵巣機能が未発達な思春期や卵巣機能が衰える更年期に起こりやすいです。また、ストレスや不規則な生活なども原因となります。

 

異常なおりもの…性病などが潜んでいる!

月経異常と不正出血だけでなく、おりものの状態にも気をつけなければなりません。正常なおりものは半透明から白っぽい色をしていて、ゼリー状で少し粘り気があります。下着につくとクリーム色から薄黄色になります。

 

たまに量が多くなったりすることがあって心配している人もいるかもしれませんが、排卵期には普通量が増えるものです。また、月経前はニオイが強くなるのも普通です。注意すべきはおりものの色です。色によってどのようなことが考えられるのでしょうか。

 

おりものの色によって考えられる症状

【白色で、酒かす、豆腐かすのようにボロボロした形状】
カンジダ腟炎の可能性があり、痒みを伴うことがあります。

 

 

【黄色や緑色で泡立っている】
トリコモナス腟炎の疑いがあります。多くが性交渉によって感染しますので、控えましょう。

 

 

【黄緑色で、膿のようになっている】
クラミジア感染症の可能性があります。性感染症のひとつで、初期症状が無いために移りやすいです。

 

 

他にも、身体が弱っている時に変わったおりものが出ることがあります。例えばサラサラとした水のような時は胃腸が弱っていたり、黄色く粘り気が強い時は免疫力が下がっている…などあります。また、タンポンの抜き忘れなどによって悪臭を伴う茶褐色や黄色のおりものが出る場合もあります。

 

 

また、デーデルライン桿菌という乳酸菌によって膣内を酸性に保って細菌感染を防いでいるのですが、おりものが気になるからといって洗いすぎるとデーデルライン桿菌の数が減って雑菌が増えてしまいます。腟内の健康を保つために、洗いすぎには気をつけましょう。

おりものの異常・不正出血があると危険?考えられる疾患は?


おりものの異常・不正出血があると危険?考えられる疾患は?