生理痛による吐き気を緩和する方法

生理痛によって引き起こされる症状の一つとして吐き気があります。この吐き気の原因は生理痛による痛みやホルモンバランスの乱れ、ストレスなどが挙げられます。

 

生理痛による吐き気を緩和する方法

 

吐き気を緩和させる方法はいくつかありますが、まずは生理痛を抑える薬を飲むことが一番簡単な方法になります。そもそもの原因が痛みなので、その痛みを取り除いてしまえば吐き気も収まります。

 

ホルモンバランスを整える薬や鎮痛剤などは薬局などでも買うことができるため、もしものときのために買っておくことをおすすめします。ただし、薬は毎回飲んでいると次第に効き目がなくなってしまうことがあるので、本当にひどいときだけ飲むようにしたほうがよいです。

 

また、体を温めることも吐き気を緩和させる上で大切なことになります。生理によって血流が悪くなると、気持ち悪くなってしまうので、カイロをお腹に貼ったり、毛布を被って横になったりすることで、緩和することができます。

 

特に、夏場などはクーラーの効いた部屋にいることが多いので、体が冷えて血流が悪くなってしまいがちなので、注意してください。同じような理由から、適度な運動も吐き気の解消に効果があります。

 

とはいえ、吐き気があるときにいきなり運動をすることはできないので、普段からある程度体を動かして、血流を良くしておくことが大切です。日中仕事でずっと座っている方は、時々肩を回したり、ストレッチをすることで、生理痛による気持ち悪さが起こりにくい体にすることができます。

 

家にいる場合は、ソファーで横になったり、半身浴をすることで緩和することもできます。特に、半身浴にはリラックス効果もあり、ストレスを軽減することもできるので、非常に効果的です。生理痛による吐き気を感じたときは、無理をせずにゆっくりと横になることが大切です。横になることができなくとも、座っているだけでも症状は改善されるので、なるべく体を温めながら、症状がなくなるのを待つようにしてください。

 

 

生理痛による吐き気を緩和する方法


生理痛による吐き気を緩和する方法