生理や生理中においては、生理痛と下痢が併発する場合があります。

これは生理中にはホルモンのバランスが変化し、その影響により怒りやすいのです。生理痛と下痢の併発の対策をするためには、生理前と生理中の生活習慣を改善する必要があります。

 

生理中にはプロスタグランジンと呼ばれるホルモンが分泌されます。プロスタグランジンには、子宮を収縮させる作用があります。このホルモンにより、子宮が収縮されることにより、生理痛が発生します。

 

プロスタグランジンには、子宮を収縮するだけではなく、胃腸を活発にさせる働きがあります。そのため、腸が活発に活動を行うことにより、下痢が発生してしまうのです。

 

対策として大切なことは、このホルモンによる体への影響を最小限にすることが必要になります。生理前から生理中においては、体を冷やさないことと、プロスタグランジンの異常な分泌を防ぐために、生活習慣に気をつける必要があります。

 

下痢の対策には、体を冷やさないようにすることが大切です。女性はもともと体温が低い人が多いために、ホルモンによる影響で下痢が引き起こされやすいのです。そのため、生理が近くなったのならば、お腹周りを冷やさないように気をつける必要があります。これは生理痛の抑制にも大切です。

 

生理痛と下痢を和らげるためには、運動の習慣を身につけることが大切になります。お腹周りの筋肉が弱っていると、便通が乱れてしまったり、また内臓の働きが弱ってしまいます。お腹周りの筋肉が弱いと、ホルモンの影響を受けやすくなってしまうのです。定期的な運動は生理痛を和らげることに役立ち、また生理中のストレスの抑制にもつながります。

 

また大切なことは、生理が近くなってきたのならば、アルコールを控えることが大切です。少量のアルコールでも、生理痛を重くしてしまう可能性があるからです。またアルコールは内臓に負担がかかるために、下痢も同時に引き起こしやすくなってしまいます。

生理痛と下痢の対策を行うには


生理痛と下痢の対策を行うには