当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)は女性の3大処方の1つに数えられており、「女性の聖薬」とも呼ばれていて年代を問わず月経に伴うトラブルやPMSに効果がみられる漢方薬です。更年期障害の治療にも使われるお薬です。

 

女性の身体の冷えは生理を重くしPMSの大きな原因となりますが、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)は体を温めて頑固な冷えを改善します。虚弱気味で体力が余りなく、疲れを感じやすい人に向いている漢方薬です。

 

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)には生理にまつわるマイナートラブルに効果のある生薬がいくつも配合されています。血行を改善して、冷え性をなおす効果があります。貧血症状を改善し、めまい立ちくらみなどの症状がある人に良く効く漢方薬です。

 

PMSに効果がある漢方、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

 

生理痛の痛みを和らげる鎮痛作用があります。生理中にむくみが出る場合は水分代謝を調整し、むくみ症状を緩和します。また生理前や生理中は緊張が高まりイライラしますが、ホルモンバランスを整えて緊張を緩和し、不眠などのメンタル面の症状も和らげます。

 

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)は医師が処方する場合、健康保険が適用されます。当帰芍薬散はドラッグストアでも買うことができますが、漢方薬は個人の体質によってあう薬とそうでない薬があるので、一度「証」とよばれる体質を診てくれる漢方医の診察を受けることをおすすめします。

 

漢方は西洋医学の薬にくらべて効き目が緩やかで、しばらく飲み続けることで、不快な症状が出ないように体を整えます。PMSは症状が多岐にわたり、精神面にも影響がでる病気ですが、漢方薬はこのようないろいろな症状が出る病気の治療は得意分野で体質そのものを改善し、症状が出ないように体を整えます。

 

漢方薬は比較的副作用が少ない薬ですが、服用中に胃の不快感や、皮膚の発疹やかゆみ、吐き気などがみられた場合は、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)の処方を受けた病院の診察を受けるようにしましょう。

PMSに効果がある漢方、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)


PMSに効果がある漢方、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)