生理前に出来るニキビはホルモンバランスが関係している

普段はそれ程肌荒れをしないという人も、生理前になるとどうしてもニキビができてしまうと感じている人は少なくありません。またその時にできたニキビは生理が終わるとそこで良くなってしまうので、とりあえず気にしていないという人もいるでしょう。

 

生理前に出来るニキビはホルモンバランスが関係している

 

ではどうして生理前になるとニキビができてしまうのでしょうか。

 

その原因の一つがホルモンバランスの崩れです。

 

女性の体の中は、1か月の間に大きく変化していき、ホルモンのバランスも大きく変化していくのが一般的です。生理が終わってから排卵日位まではとても肌の状態も良く、さらにダイエットなどをしても効果が出やすい時期となっています。これはホルモンバランスが最も整っている状態だからで、その時は気分的にもそれほどイライラする事も無く、快適な時間を過ごせていると感じている人も少なくありません。

 

しかし排卵日が過ぎてから生理前に掛けて、次第にホルモンバランスが変化していき、今度はイライラしたりしてしまう時が増えて行きます。

 

普段では全く気にならない様な事でも気になってしまい、暴飲暴食に走ってしまうのもこの時期です。体重も増え易くなっているので、ダイエットをしている人にとってはよりイライラしてしまう事も少なくありません。勿論ニキビも増えてくる時期で、人によって出来る位置は違いますが大体毎月同じ様な部位に出来ている事が多くなります。

 

ただ、原因はホルモンバランスなので、再び生理が終わればバランスは整い肌の状態も良くなって行きます。それが分かっていたとしても、約2週間ほどは肌の状態が悪い日が続くというのは、その人にとっては大きなストレスともなりかねません。

 

出来るだけ生理前のホルモンバランスの崩れを防ぎたいと思ったら、エストロゲンを摂取する事が重要です。

 

効果的だと言われている物の一つが豆乳で、毎日コップ1杯、大体200ml程度を生理前に飲むと体重の増加を防いでくれるだけでなく、必要以上に肌が荒れてしまうのも防ぐ効果が期待出来ます。

生理前に出来るニキビはホルモンバランスが関係している


生理前に出来るニキビはホルモンバランスが関係している