ピクノジェノールとは、フランス海岸松の樹皮から抽出された成分のことです。

自生しているフランスの南西部、ボルドー地方は1年の内、ほとんどが強い日差しに恵まれた晴天と言う天候です。当然、強い紫外線が降り注いでいるため、その紫外線から身を守るために、その樹皮には豊富な抗酸化成分が含まれているとされています。

 

抗酸化とは、体の細胞を錆びつきやダメージから守る作用のことです。紫外線ダメージ、ストレスなどによって生物の体内では活性酸素が発生します。この活性酸素は、細胞を錆びつかせたり、傷つけたりすることから、美容や老化、疾患の原因ともされている物質です。そのため抗酸化作用を持つピクノジェノールには、この活性酸素の働きを抑制する効果が期待できると言うわけです。

 

抗酸化作用を持つ成分は、ピクノジェノール以外にも、たとえばビタミンEやビタミンCなど、たくさん存在しています。ただピクノジェノールの抗酸化作用は、そのビタミンEの約170倍、ビタミンCの約340倍もの効力を持っていると言われおり、その抗酸化作用は群を抜いています。

 

そのため、たとえば紫外線を浴びることによって加速する肌老化、あるいは活性酸素による疾患発症の予防などに、とても高い効果が期待できます。またピクノジェノールの強い抗酸化作用は、女性特有の悩み、月経前症候群や生理痛、更年期障害の改善にも効果が期待できるとされています。

 

たとえば、生理痛の痛みの原因である物質の発生を抑える働きがあることが実験により実証されていますし、更年期障害に対しても、有効な対策のひとつであることが確認されています。こうした効果の高さに加え、ピクノジェノールは天然抽出成分であるため、副作用の心配がほとんどないと言うのも特徴です。

 

事実、副作用発生の危険性の低さから、一部の国においてはOTC医薬品、一般大衆薬としての認可を受けているほどですから、その安全性の高さは理解できるかと思われます。

 

ただし、松アレルギーを持っている人は、ごくまれに発疹などの副作用がでる場合があるようです。また、妊娠中や授乳中の方は、あらかじめお医者様に相談をした方が安心です。

ピクノジェノールの効果と副作用の心配について


ピクノジェノールの効果と副作用の心配について