目の病気改善・アンチエイジングに効果あり?マリーゴールドについて

マリーゴールドはキク科の植物で、眼精疲労や慢性的なだるさ、体調不良などを緩和してくれる素晴らしいハーブです。主成分であるカルテノイドとルティンは生活習慣病の改善を行ってくれます。

 

目の病気改善・アンチエイジングに効果あり?マリーゴールドについて

 

カルテノイドは自然界に存在する黄色や赤色の色素の総称で、500種類以上存在すると言われています。活性酸素を除去する力に優れていて、他にも老化防止やガン予防の効果があります。

 

そのカルテノイドの一種であるルティンは、目の中の網膜や水晶体に多く存在している成分で、パソコンやスマートフォンのブルーライトや紫外線から守ってくれる働きがあります。視力低下、白内障など加齢になると弱ってくる病気を守ってくれ、さらに強い抗酸化作用を持っているため、紫外線から肌を守るなどアンチエイジングの効果があります。

 

マリーゴールドはそれ以外にも血流促進の働きがあるので、足のむくみや冷え性の解消をしてくれたりと、女性の美肌問題に効くものが多く、特に消化促進作用や利尿作用もあるためデトックス効果にも期待が持てます。防腐作用、ホルモン調整作用、血流をよくする効果もあり、食生活が偏っている人や運動不足の人にもおすすめです。

 

マリーゴールドはハーブティーにして飲むことで、ルティンを効果的に摂取できます。クセがないので砂糖や蜂蜜を加えて飲むと、味に変化がついて飲みやすくなります。また血流をよくするので、風邪やインフルエンザの時に飲むと体が温まります。

 

ハーブティーによって利尿作用以外にも、口臭予防、生理痛や更年期障害のさまざまな症状を緩和する働きがあります。ハーブティーを飲みきれずに残した場合は、翌日にうがいをすると喉の痛みを緩和してくれます。マリーゴールドの持つ解毒作用で、ニキビや肌荒れ用の化粧水代わりとしても使えます。肌に優しいハーブなので、敏感肌の人にも問題なく使用できます。ただしキク科の植物なので、アレルギーを持つ人や妊婦、授乳中の人が摂取するのは極力避けましょう。

 

目の病気改善・アンチエイジングに効果あり?マリーゴールドについて


目の病気改善・アンチエイジングに効果あり?マリーゴールドについて