イチョウ葉エキス

 

イチョウ葉エキスに含有される有効成分とその効果

 

銀杏の葉を乾燥させ、アルコールなどを使用してその中から抽出された有効成分がイチョウ葉エキスです。イチョウ葉エキスには様々な成分が含有されていますが、その中でも特に代表的なものとして挙げられるのがフラボノイドとギンコライドです。

 

それぞれ、健康に対して有効な成分であるとされているため、イチョウ葉エキスを摂取することは、健康に対して良い効果を期待することができるとされています。

 

まずフラボノイドですが、これは強い抗酸化作用を持っているのが特徴の成分です。人間の体内では、紫外線やストレスなどを原因として活性酸素と呼ばれる物質が発生し、この活性酸素によって細胞が傷つけられると、それがもとで疾病や老化現象が引き起こされてしまいます。

 

抗酸化作用とは、この活性酸素の働きに対抗する力のことです。ですから、フラボノイドを摂取することは、全身の健康や美容を維持するためには非常に有効とされています。特に血管の酸化を防ぐ効果が期待できることから、血流促進にも効能が見込めるとされています。脳の細い血管に対してもこれは有効であるため、脳の血流促進による認知症の予防、改善にもイチョウ葉エキスは良い影響をもたらすと言われています。

 

末梢の血管にも有効ですから、冷え性に悩んでいる人にもおすすめです。

 

そしてギンコライドです。これはイチョウ葉エキスにのみ含有されている成分であり、フラボノイドと同様、非常に強い抗酸化力を持っている成分です。その抗酸化力をもってして全身の細胞を活性酸素から守ってくれるのは勿論のことですが、更にギンコライドには、血小板が固まるのを抑制して、血栓の発生を防ぐ役割もあると言うことが明らかにされています。

 

血栓ができて血管が詰まってしまうと、そこから先の部分には栄養が行き届かなくなるため、機能低下などが発生して重篤な疾病が引き起こされる可能性も高くなってしまいます。ですからイチョウ葉エキスを摂取することは、こうしたことを未然に防ぐことにも効果が期待できると言うわけです。

イチョウ葉エキスに含有される有効成分とその効果


イチョウ葉エキスに含有される有効成分とその効果