PMSの原因は日々何気なく口にしていたものだった!?食事改善しよう

 

PMSの原因は日々何気なく口にしていたものだった!?食事改善しよう

 

PMSを悪化させている原因の一つに「食事」があります。食べればなんだって同じ、カロリーさえ考えて食事すれば大丈夫、どうせ食べるなら美味しいものを食べた方がいい、なんて思いがちな人は要注意です。

 

最近は簡単で美味しく食べられるものがたくさんありますが、そういうものこそ身体にとっては良くないということを自覚したほうが良いです。そのような食べ物は添加物が沢山入っていて、栄養素が少なく、悪い影響を与えてしまいます。PMSを本気で治したいと思っている人は、食事を見直すべきです。

不足している栄養素を補おう…鉄分はどのような食品に含まれる?

PMSを引き起こす原因として、鉄などのミネラルが不足しているということがあります。ですから、PMSの人は貧血を起こしやすかったりするんですよね。鉄以外にも亜鉛やビタミンB群・C・E、カルシウム、マグネシウムなどが不足していたら食事やサプリメントなどで補うようにしましょう。

 

PMSの原因は日々何気なく口にしていたものだった!?食事改善しよう

 

鉄分はレバーに多く含まれます。苦手な人は、少し含有量は落ちますが赤身肉も良いです。肉類が苦手だなという人はあさり、しじみなどの貝類やイワシなどを食べましょう。また、ほうれん草や小松菜、ひじきなどといった野菜・海藻類にも鉄分は含まれています。

 

しかし、そのような植物性の食品の鉄分は吸収率がとても低いです。吸収率を上げるために、ビタミンCも一緒に摂取するのが良いでしょう。赤ピーマンやブロッコリー、いちごなどにビタミンCが多く含まれます。

血糖値が不安定だと心も身体も不安定に

そして機能性低血糖もPMSを引き起こす原因です。精製された白米やパン、ジャンクフード、お菓子などが好きでよく食べている人は注意です。これらの食べ物は血糖値を急激に上げてしまい、それを下げるためにインスリンが過剰に分泌されるのですが、今度は血糖値が下がりすぎてしまいます。

 

このように血糖値の上下が激しく、不安定な状態だとインスリンだけでなく、アドレナリンやノルアドレナリンなども無駄に分泌されて、身体的だけでなく、精神的にも不安定な状態になってしまいます。ですから血糖値が上がりにくいものを食べるようにしましょう。

とにかく糖質の高いものは避ける

先ほど挙げた精製穀物やジャンクフード、お菓子などの栄養素が少なく、糖質が高いものは出来る限り口にしないようにしましょう。出来れば糖質を抑えるのが良いですが、せめて炭水化物を摂取する際は未精製の玄米や全粒粉を食べるようにして下さい。

 

ジャンクフード、お菓子は問答無用で食べないようにして下さい。これらには添加物が多く含まれているため、必要な栄養素まで消費してしまいます。特に、カフェインが含まれるチョコレートは血糖値を上げやすいので要注意です。

 

どうしても甘いモノを食べたいときは、糖質の少ないシュークリームなどをたまに食べたり、血糖値の上がりにくい天然甘味料エリスリトールやステビアなどを使って自分でお菓子を作るようにしましょう。

血糖値を上げない食べ方とは?

たんぱく質が豊富で、栄養素が高いものを食べるのが良いでしょう。肉類を始め、豆類などは糖質が低く、たんぱく質が多いです。他には栄養素が多い野菜やチーズ、卵なんかも良いです。脂質も良質なものを適度に摂って下さい。ただ、やっぱり炭水化物も食べたい!ですよね。

 

ですから、食べ方を工夫しましょう。食べる順番というのがとても大切です。野菜→汁物→メイン(たんぱく質)→炭水化物といった順番です。空腹のところにいきなり炭水化物などの糖質の高いものを入れてしまうと血糖値が上がりやすくなってしまいますからね。

PMSの原因は日々何気なく口にしていたものだった!?食事改善しよう


PMSの原因は日々何気なく口にしていたものだった!?食事改善しよう